神社で挙式をひらく神前式の魅力

今現在、結婚を予定・考えている女性の多くは1980年生まれ以降のケースが多いと言えます。この年代は小さい頃に、チャペルでウェディングドレスを着るといったイメージが定着しているため、結婚式は教会で!という人ばかりでしょう。しかし親の意見によっては、神社でおこなう神前式による結婚式となるかもしれません。

あまり結婚式というものに対して執着心がなければ、神前式も日本古来から続く挙式スタイルですので、気にすることなく当日を迎えられるでしょう。しかしチャペルを思い描いていた女性にとっては、少し不満が残るかもしれませんよね。

では神前式にはどういった魅力があるのでしょうか?まずは男性側の衣装を見て、惚れ直すかもしれません。教会での挙式の場合、男性側はあまり普段と変わらない格好となります。パっと見はスーツと変わりませんからね。

また女性側には日本人らしい綺麗さを体感することができるでしょう。どんなにウェディングドレスが素晴らしいといっても、そもそも日本人の体型には合いませんからね。特に身長160センチ以下の少しぽっちゃりした体型の女性では、ウェディングドレス自体が持つ魅力も表現できません。

決して悪口ではないのですが、やっぱり日本人には日本人に向けて作られた衣装を着た方が、その見た目も際立つと思うのです。もちろん、どうしてもドレスを着たいという場合には、披露宴のお色直しの時などに着ればOKですからね。

さて浅草ウェディング婚シェルジュでは、東京浅草の神社にて結婚式を挙げられるサービスを提供しています。人力車を利用しての移動など、浅草ウェディング婚シェルジュならではの面白いサービスが用意されていますので、和装や神前式に興味があれば検討してみてください。

コメントをどうぞ